■ 書籍販売中

対話型組織開発(プロセス・コンサルテーション®)の実際
~ 社会構成主義の実践~  定価2,200円(本体2,000円+税)

著者エドガー H. シャイン 尾川 丈一 小林 基男 重松 健司

~著者紹介~

診断型組織開発については、日本能率協会の知的生産性向上手法(KI活動)とか、組織開発ハンドブック(組織を健全かつ強固にする4つの視点:ピープルフォーカスコンサルティング)とか、NTL・ODハンドブック(組織キャリアフォーラム:2018年)を始め、種々の組織開発に関する技法が既に紹介されているが、対話型組織開発に関しては、コンサルテーションの技法としての、ホール・システム・アプローチ、OST(オープン・スペース・テクノロジー)、フューチャー・サーチ、AI(アプロプリエイト・インクワイアリ)、ワールド・カフェ等のプログラムの紹介はあるものの、対話型組織開発の、とりわけ対話型プロセス・コンサルテーションの実際面である、ORJIサイクルの過程の展開に対する技法論の議論はありませんでした。
 そこで、株式会社ファースト・プレースで行われている、対話型プロセス・コンサルテーションの実際を事例で紹介するとともに、そのアクション・リサーチとしての具体的な知見と効果を探索しました。併せて、エドガー・シャインによる、グループ・プロセスコンサルテーションについてのパースペクティブに沿ったコメントと、社会構成主義的準拠枠によるリ・コメントも併述しています。

書籍
新書115ページ
発行所プロセス・コンサルテーション
ISBN978-4906945030
発売日2019年10月12日
定価本体2,000円+税

ハンブル・リーダーシップ  定価1,980円(本体1,800円+税)

著者エドガー H. シャイン 尾川 丈一 櫻井 恵里子 日向 美穂

~内容~

マルチン・ブーバーのいう、「我―もの」という対人関係を、「我―汝」の対人関係に、アービン・ゴフマンのいう役割管理の変換をせしめることは、ダグラス・マクレガーのいう企業の人間的側面において、大変重要なことであるとされることは、サーバントリーダーシップを含め、言うを待たない。
これを、エドガー・シャインは、レベルⅠからレベルⅡへの、リーダーシップの構造変数として捉えた。
ヘルベルト・マルクーゼによれば、レベルⅠが行き過ぎると、一次元的人間としての労働者が、組織を占有するようになり、レベルⅡによって構築されたエロス的価値が阻害されるとした。いわゆる労働の外在化と抑制的反昇華である。
また、同時にフリードリヒ・ハイエクによる新制度派経済学の立場から、レベルⅠ、レベルⅡにおける、ディクテイター・リーダーシップとハンブル・リーダーシップの交渉コストと取引コストにおける交互作用分析を行い、サーバント・リーダーシップとか、静かなリーダーシップとか、レーダーレスとか、ファシリテーターとか、いったコ・リーダーシップの市場外コストの経済効果についての価値の再構築を行っている。

書籍
新書110ページ
発行所プロセス・コンサルテーション
ISBN978-4906945023
発売日2019年7月15日
定価本体 1,800円+税

プロティアン・キャリア -- 生涯を通じて生き続けるキャリア
- キャリアへの関係性アプローチ  定価5,400円(本体5,000円+税)

原題The Career is Dead -- Long Live the Career
A relational approach to careers
著者ダグラス・ティム・ホール
監訳者尾川丈一
訳者梶原 誠 藤井 博 宮内 正臣

~著者紹介~

ダグラス・ティム・ホール(DOUGLAS TIM. HALL)
ボストン大学経営大学院教授(組織行動学)

 学部長、ファカルティ・ディベロップメント部門の副部門長、また博士課程の研究科長として勤務。同大学の経営者育成円卓会議の議長でもあり、人材政策研究所の中心メンバーでもある。エール大学を卒業後、マサチューセッツ工科大学スローンスクールにて修士号および博士号を取得。エール大学、ヨーク大学、ミシガン州立大学、ノースウェスタン大学の教員を務め、また、コロンビア大学およびウエストポイント陸軍士官学校の客員教授でもある。

 キャリアに関する多くの著作を発表しており、アメリカ心理学会のGhiselli賞の受賞者で、現在はアメリカ心理学会と米国経営学会の会員である。創造的リーダーシップ研究所の理事、7つの学術誌の編集委員を務めている。研究分野は、キャリア発達、女性のキャリア、キャリア・プラトー(昇進の停滞)、ワーク・ファミリー・バランス(仕事と家庭生活のバランス)、経営者交代(承継)など。シアーズ、AT&T、イーライ・リリーなどの企業でのコンサルティングにも従事。

~目次~

日本語版への序文/まえがき/著者紹介

序章 生涯を通じて生き続けるキャリア

第1部 新しい組織で何が起きているのか?
 第1章 新たなプロティアン・キャリア
 第2章 契約関係を超えて
 第3章 新たな組織形態と新たなキャリア

第2部 キャリア発達における関係性の影響
 第4章 自分で選び取る従業員に対する関係性のアプローチ
 第5章 キャリア発達に関する関係性アプローチ
 第6章 「心の安全基地」を構築するための職場での関係づくり
 第7章 成長を促す仕事外の人間関係(GROWs)
 第8章 子供を持たない独身者のキャリア問題

第3部 キャリア発達について何をすべきか?
 第9章  職場における安息地の生成
 第10章 経験から学習することができれば、経験は最良の師である
 第11章 キャリアの自己開発における多様性の価値
 第12章 高年齢労働者のためのキャリア開発
 第13章 ポスト・モダンライフにおける聖域
 第14章 キャリア開発の実践者の新たな役割
 最終章  キャリアよ、永遠なれ! 

※初期不良や注文したものと違う商品が届いた場合につきましては、商品の交換にてご対応致します。下記アドレスまでご連絡ください。商品代金お支払後、お客様のご都合による返品及び返金はご容赦ください。
info@pc-inc.jp

書籍
新書373ページ
発行所プロセス・コンサルテーション
発売元亀田ブックサービス
ISBN978-4-906364-64-0
発売日2015年12月11日
定価本体5,000円+税
購入する